毎日使うからこそ、こだわるべき

お風呂でシャワーを浴びた際、水圧や節水が気になったことはないだろうか? 実はそれ、シャワーヘッドの交換で解決出来る。多様化する時代のニーズに合わせ、シャワーヘッドも使い分ける時代へ。いわゆる「マイシャワーヘッド」という文化を創ろうとしている一人の男がいる。田中金属製作所の代表取締役、田中和広だ。

田中は、「毎日使うシャワーだからこそ、こだわるべきだ」と話す。肌が気になるから柔らかいもの、サッと済ませたいから水圧の強いものなど、その日の調子や気分で選んでもいいのでは?と。そう考えるようになったのは、田中の経験から。出張先のホテルのシャワーがどうも物足りない。もっと水圧の強いものがいい。そう思った田中は、それから自社の製品を持ち歩き、ホテルで付け替えて快適なシャワーを浴びているという。

そして、田中はマイクロナノバブルのシャワーヘッド『アリアミスト ボリーナ』を開発。平成23年の発売以降人気商品となっており、今や国内に限らず海外からも引く手数多なこの商品によって、業績不振から見事V字回復を果たす。しかし、それまで決して順風満帆であったわけではない。

始まりは現状を打破したい想いから

株式会社田中金属製作所のある岐阜県山県市は、水栓バルブ発祥の地と言われている。大手水栓バルブメーカーの進出に伴って、その下請けメーカーなどが次第に集まり、山々に囲まれた地域が、水栓金具で国内出荷額の約4割を占めるほどの一大拠点となった。同社もそのように誕生した水栓バルブ部品をつくる多くの下請けのひとつであった。しかし、水栓業界は住宅着工の低迷や競争激化で近年は厳しい状況にある。田中金属製作所は、部品加工を請け負っていた主要取引先のメーカーが平成20年に事業撤退したのを機に、シャワーヘッドなど自社商品の開発に力を入れてきた。そうして誕生したのが、節水シャワーヘッド『アリアミスト』だ。その製品の誕生は、ある会社との出会いから始まる。

下請けからメーカーへの第一歩

ある日、水道料金の削減をしたいという会社に出会った際、かなり高額な節水器具が流通していたことを知る。その時田中は、適正価格で性能の良い節水器具を作れば必ず売れるはず、と考え節水事業をスタート。そうして平成15年に開発したのが、シャワーヘッドに取り付ける特殊なアダプター。それは、これまでの下請け仕事とは違った自社商品につながるひとつの試みであった。

それをある企業展に出店すると、東急ハンズから一般にも販売できないかと提案を受ける。そこで、アダプターをシャワーヘッドに組み込み、節水シャワーヘッド『アリアミスト』として平成17年5月に販売開始。これで一気に販売が増えるだろうと田中は見込んでいたが、ほとんど売れなかった。

しかし、ここで転機が訪れる。平成19年からある縁で始めたテレビショッピングに出店すると、本来の性能が評価されて爆発的にヒット。1日に1万5000本売れたこともあったという。その売れ行きから、当時田中は「売上10億を目指すと宣言するほど調子に乗っていました」と笑う。

しかし良い時期は長く続かないもの。長く取引をしてきた水栓メーカーの内製化によって仕事が激減。平成21年には追い討ちをかけるようにベンダーの失態で、商品を納入できなくなってしまう。そして、売り上げは10分の1にまで落ち込んでいった。いわゆる崖っぷちである。債務超過は8000万円にのぼり、いつ倒産してもおかしくない状況に陥ったのだ。さらに翌年、開発部の課長が退職。田中は技術者も失い、自身曰く「八方ふさがり」となってしまう。

本  社 〒501-2253 岐阜県山県市日永1095番地 TEL:0581-53-2653 FAX:0581-53-2654
岐阜支社 〒500-8154 岐阜県岐阜市木ノ下町2丁目4番 TKS BLDG. TEL:058-248-5811 FAX:058-248-5812

PAGE TOP